福島 豊コンサルタント

福島 豊ターンアラウンド     マネジャー

実績

44年間ホテル・旅館のおもてなし産業に従事し、ホテル運営に力を注いできた。特に、宿泊部門では、フロントに始まり、販売促進、マーケテイング、国内外のチェーンホテル統括を担当した。アムステルダム・ニューヨークで各4年間の海外勤務の経験から、国内だけでなく、海外業務も実践。更に、大宴会のコーデイネーターを5年間勤め、日本の大企業そして海外の有名企業の重要イベント・宴会の企画・運営に携わった。ホテル・旅館のイベントに関しては、総合的見地からあらゆることに対応可能であり、2008年の北海道洞爺湖サミットでは、アメリカ政府代表団の受け入れをアメリカ大使館・ホワイトハウスから依頼され、総責任者として登別のホテルで成功裏に導いた。北海道では、札幌・登別・旭川にてホテルの総支配人を勤め、シテイホテルや旅館の運営を経験してきたことから、インターナショナルな感覚で、米国・欧州で学んだことをベースに、異文化での考え方・マナー・習慣等の海外と国内との違いを理解し、ホテル・旅館業務に従事し、スタッフと共に利益の出る体質作りを目指し、それぞれ持ち味のあるホテル・旅館を構築することに努めた。

経歴

中央大学卒業後、大成観光株式会社(現株式会社ホテルオークラ)に入社。フロント・マーケテイング部・ヨーロッパオフイス・ニューヨークオフイス・バンケットコーデイネーター・オークラホテルズ&リゾーツ等を経て、北海道札幌・登別・旭川のホテルにて総支配人として勤務。
2014年クロスワンコンサルテイング株式会社入社。小規模旅館にて3年あまりの勤務で、再生復活させる。現在、山梨県の中規模旅館にて再生業務中。